ポーカースターズのCEOは2月に辞める

ポーカースターズのCEOであるガブリエル・カンポスは、2年弱の任期を終えて2月1日に退任する。この情報は、法律コンサルタントでポーカープレイヤーのWendeen Eolisによってリークされた。このニュースは後にポーカースターズが短いプレスリリースで確認した。声明には、同社がGabi Camposの後継者を探していることも記されている。

CEOの将来の計画についてはまだ知られていない。しかし、イスラエル生まれのカンポスは、以前テクノロジー企業を経営していたことや、それ以前にイスラエルのシークレットサービスであるモサドに勤務していたことはよく知られている。

CEOの突然の退任後、ポーカー界では様々な憶測が飛び交った。ある人は、ポーカースターズは資金が不足しているので、有名な同僚を捨てざるを得ないのだと言うが、他の人は、この動きは世界最大のオンラインポーカーサイトの内部闘争から生じたものだと考えている。

噂に拍車をかけたのは、Poker Starsの高位のリーダーが最近会社を去ったのはCamposが初めてではないという事実である。少し前には、European Poker Tourの創設者であるJohn DuthieとトーナメントディレクターのThomas Kremserが辞表を提出した。