ブラックジャック戦略

ブラックジャックのゲームに慣れていない方は、まずブラックジャックの遊び方とルールをお読みください。

もしあなたがブラックジャックの戦略に従わない場合、ゲームのルールや支払いの関係で、ハウスはあなたに対して有利になります。このアドバンテージは、0から1.5%の間です。
シングルデックのゲームでは、ハウスのアドバンテージは0.1%です。標準的な8デックのブラックジャックの場合、このアドバンテージは0.5%です。
ブラックジャックの偏差値は約1.15で、これはカジノゲームの中でも非常に低い値です。

ブラックジャックには、ハウスエッジを最小化(0.1%以下)する最適な戦略があります。賭け金の管理をしっかりと行うことで、プレイヤー側に有利になり、長期的な勝ち組になることができるのです。
ディーラーはあらかじめ決められたルールに基づいて判断するので、ブラックジャックの理想的な戦略は数学的に計算できます。この戦略を適用すれば、必ず勝てるというわけではありませんが、与えられたステップを選択することで、勝率を上げることができます。
ハウスアドバンテージの大部分は、プレイヤーがディーラーの2枚目のカードを知らずに最初に行動するという事実によって与えられています。したがって、バストすると、ハウスのカードに関係なく、常にこのハンドを失うことになります。したがって、ハウスはカードを待っている方が有利な立場にあります。

基本的な戦略

デフォルトでは(私たちがプロでない限り)、どんな場合でも保険をかける価値はありません。保険をかける価値があるのは、特定の計算方法によるもので、これには多くの練習が必要です(オンラインではあまり適用できません)。もし、保険をかけないとしても、この覚えやすいルールを適用することで、アドバンテージは私たちの側にあります。最適なステップは表にまとめられており、提案されている状況に最適なステップを探します。左側の1列目は手札の価値を、上の1列目はディーラーカードを示しています。

3つの基本的なスタートハンドの組み合わせを確認しておきます。ハードハンド」、「ソフトハンド」、「ペア」です。

ハードハンドとは、”エース “のない異なる値を意味します。
ソフトハンドとは、スタートカードのうち1枚が “エース”(A)であることを指します。これは特別なスタートハンドで、エースの値は1や11にもなるからです。この事実は、私たちの最適なステップに影響を与えます。
ペアは同じ価値のスタートカードです。

最初の表は、ハードハンドのプレイ方法を示しています。S: スタンド(ストップ – それ以上カードを要求しない) H: ヒット(ドロー – それ以上カードを要求する) D: Double(ダブルス:「ダブル」ボタンを押してベットを2倍にする) ダブルスが許されない場合は、「D」の場所でカードを要求する 2つ目の表は、ソフトハンドのプレイ方法を示しています。シンボルは上記の通りです。D: ダブルが許されている場合はダブル、許されていない場合はスタンド 3番目の表は、ペアのプレイ方法です。記号は上記の通りです。P: スプリット(スプリット – スプリットボタンを押してペアを分ける)

上記の表に基づいて、最適なゲームをするために従うべき最適なステップを追跡することができます。

ベット戦略

基本戦略を使えば、ハウスのアドバンテージはほぼゼロになります。優位に立つためには、以下の2つの戦略を使うとよいでしょう。基本戦略を補完するために、以下の2つのベット戦略のいずれかを使います。

“ダブリング “ベット戦略。

この方法は、ルーレットの基本戦略と同じです。

負けた場合は、前回のベット額の2倍となります。勝った場合は、前のラウンドで失った分を取り戻し、さらに1ラウンドにつき1ユニットを追加します。

ROUND STAKE WIN LOSS
1. 1 2 1
2. 2 4 3
3. 4 8 7
4. 8 16 15
5. 16 32 31
6. 32 64 63
7. 64 128 127
8. 128 256 255

基本戦略自体の勝率はほぼ50%なので、上記のダブルリングベット戦略の場合、9回連続してハンドを取る確率は1:512、つまり約0.002%となります。

つまり、これは効果的なベット戦略なのです。ただし、テーブルによっては最大ベット額が制限されている場合があるので、注意が必要です。

「アンチマーチンゲール」ベット戦略。
そのラウンドで勝ったら、次のラウンドでは1枚上げる。勝てなかった場合は、次のラウンドで1つ減らします。
つまり、長期的に見れば、この戦略は私たちに利益をもたらしてくれるのです。

例:

ROUND STAKE WIN/LOSS NET WIN
1. 2 l -2
2. 1 l -3
3. 1 w -2
4. 2 w 0
5. 3 l -3
6. 2 w -1
7. 3 w 2
8. 4 w 6