カジノバンクロールマネジメントガイド

カジノのバンクロール管理を適切に行えば、より賢く、より上手に、より幸せなギャンブラーになることができます。バンクロール管理には、ある程度の計画性、勤勉さ、自制心が必要ですが、事前に作業をしておけば、全体としてはより楽しいギャンブル体験となります。バンクロール管理は、ランドベースのカジノでもトップギャンブルウェブサイトでも使用できます。

多くの人はギャンブルを楽しく気楽なものと考えており、ある程度はそのようにすべきです。しかし、実際にお金がかかっているときには、調子に乗って経済的に苦しくならないように、責任を持たなければなりません。カジノでのバンクロール管理は、ギャンブルの収支を良くするための方法として登場します。

このカジノバンクロール管理ガイドでは、良いカジノバンクロール管理を実践するために知っておくべきことをすべて紹介しています。バンクロールの管理をより効果的に行うための様々なテクニックや戦略をご紹介しますが、同時にギャンブルに十分な時間をかけて、しばらくプレイして大きな勝利を得ることもできます。さらに、ランドベースのカジノとリアルマネーのオンラインカジノの両方で、バンクロール管理に関する最も人気のある質問にもお答えします。それに、勝つことがすべてではない、ギャンブルの時代ってもっと詠みましょう。

カジノバンクロールマネジメントとは?

カジノ(またはオンラインギャンブルサイト)に行ったことがある人は、知らず知らずのうちにバンクロール管理を実践しているかもしれません。例えば、カジノに行ったときに、自分や一緒に行った人に次のようなことを言ったことがあるかもしれません。

「50ドル分の現金を持っていくが、これを失ったら終わりだ」。
“早く破産したくないから、ペニースロットで遊ぼうと思う。”
“ブラックジャックをやろうと思う、なぜなら、少しのお金でしばらく遊べるから”
これらの発言はすべて、堅実なカジノのバンクロール管理の例です。バンクロール管理の基本的な定義は、様々なゲームに賭けるお金に注意を払う努力をすることです。また、自分が使っているお金が自分の許容範囲を超えないようにするために、何らかの計画を立てることも必要です。

しかし、カジノでは、大勢の人や点滅するライト、たくさんの騒音に囲まれていると、自分がお金を使って何をしているのか、簡単に見失ってしまいます。

このような理由から、特に定期的にギャンブルをしたい人は、ランドベースのカジノやオンラインカジノでのバンクロール管理のヒントを学ぶことが重要です。カジノ・ギャンブルは楽しいものですが、突然そうでなくなることもあります。しかし、基本的なバンクロール管理スキルを身につければ、楽しいままで、有害なレベルにまで悪化しないようにすることができます。

カジノギャンブルのバンクロールを管理する方法

ギャンブルでバンクロールというと、ギャンブルに使っているお金のことを指します。注意していないと、簡単に見失ってしまいます。しかし、これらのテクニックに従えば、何の問題もなく管理することができるはずです。

予算を決める

お金これは、私たちが皆さんにお伝えしたい一番のヒントです。驚くほど簡単なことですが、多くのギャンブラーがこれを無視し、後になってそのツケを払うことになります。だからこそ、カジノに行く前、あるいはギャンブルサイトにログインする前に、このステップを踏むべきなのです。そうすれば、冷静に、そして知恵を絞って行うことができます。

カジノで負けてもいい金額を事前に決めておきましょう。この金額は、自分の可処分所得の範囲内に収まるものでなければなりません。また、数日間連続してギャンブルをする場合には、いくら必要かを念頭に置く必要があります。例えば、休暇でラスベガスに1週間滞在する場合は、予定されているすべてのセッションで金額を分割するようにしてください。

バンクロール管理のもう一つのポイントは、設定した予算を守ることです。予算を設定しても、それを無視してギャンブルをしてしまうと、かなり意味のない運動になってしまいます。周りで勝っている人がいるときは特に、焦りを感じないようにするのは難しいですが、予算の上限に達したときには立ち去れるようにしておくことが大切です。

勝利を貯める

ギャンブルを続けていると、「ハウスエッジ」という言葉を意識するようになります。ハウスエッジとは、プレイしているゲームのオッズに基づいて、カジノに負けると統計的に予想される金額のことです。様々なゲームでハウスエッジの高低はありますが、いずれもかなり不利に働いており、長期的には勝てません。

でも、短いスパンでは、ちょっとした運と戦略があれば、勝てるようになります。そして、勝ったお金で遊び続けていると、その運が逆に働いてしまう可能性が高い。そして、賞金のすべてを返還しなければならなくなります。しかし、適切なタイミングで賞金を銀行に預けることができれば、そのプロセスを止めることができます。

ひとつの方法は、一定の限度額に達した時点で賞金を銀行に預けることです。例えば、100ドルの予算を持っていて、事前に「50ドル勝ったら銀行に預ける」と自分に言い聞かせていたとします。つまり、最初に持っていた100ドルで遊ぶことができるのです。しかし、もしそれで負けたとしても、銀行に預けた50ドルは気休めになります。そうすることで、ハウスエッジの一部をカットすることができます。

損失を追わない

ギャンブルの心理により、カジノのバンクロール管理で悪い間違いを犯してしまうことがあります。身近な例を挙げてみましょう。

「200ドル減ったけど、ホットストリークがあれば取り返せる。現金自動預け払い機に行って、全部取り戻そう。それに、私には期限があるし」。

この状況にはいくつかの問題があります

カジノのバンクロール管理の第一のルールである「予算を決めてそれを守る」を破っている。
あなたは決して「期限切れ」ではありません。負けが続いているからといって、すぐに勝てるようになるとは限りません。ほとんどの場合、何千ものハンド、ラウンド、またはスピンをプレイしてからでないと、そのように運が均等になることはありません。
ビハインドでプレイしているときは、より必死になってプレイする傾向があります。賭け金を増やしたり、より長い時間をかけてプレイすることになります。そうすると、負けるスピードが速くなってしまうのです。
負けを追うことは、カジノのバンクロール管理における一番の失敗です。たまには失敗しても、すべてのギャンブルセッションがプラスになるわけではないことを受け入れる必要があります。実際のところ、統計的にはマイナスになることの方が多いのです。

この落とし穴を避け、予算を守りながら勝ちを重ねることで、カジノ側の最善の計画を台無しにすることになるのです。カジノ側は、後手に回った人が愚かな決断をすることを期待しているのです。もしあなたが分別を持って、悪いことも良いことも受け入れることができれば、常に損失を追い求める人よりも、損益分岐点に近づくことができるでしょう。